育毛はシャンプーと肌ケアが重要!ルミガンでまつ毛育毛

髪の毛を増やしたい時、シャンプーや頭皮ケアに気を使う人は多くいますが、ルミガンを使ったまつ毛の育毛でも肌ケアは重要なのでしょうか。
頭に生えている髪の毛が抜けるのは、女性の場合は頭皮環境の悪化が原因のことがよくあります。シャンプーの成分が強すぎて頭皮がかぶれることもありますし、乾燥してカサカサだったり反対に油分でベトベトな頭皮も毛根にダメージを与えます。抜け落ちた毛の毛根の形を見れば、頭皮環境が分かり抜け毛の原因も突き止められます。乾燥が原因の場合は、顔に使うローションや椿油など天然オイルを頭皮に塗って肌ケアをすることが大切です。反対に油分が多すぎる場合は、シャンプーのやりすぎに注意をします。油分を落とそうと念入りにシャンプーをすればするほど、頭皮を保護するために油が出てきてしまいます。油を落とせるのは実は油。シャンプー前に椿油などで頭皮マッサージをして油脂を落とすケアをすると良いでしょう。
気になるルミガンでのまつ毛の育毛ですが、髪の毛の場合と違って肌ケアで気をつけないといけない事は特にありません。ただし、塗る時にまつ毛の生え際以外に付着しないように注意しないといけません。ルミガンが頬についたら、その部分から黒い毛が生えてきてしまったという報告もあります。もしルミガンをまぶたや目の下に落としてしまったら、そこから黒々とした毛が伸びてきて不自然な見た目になってしまいます。ルミガンが付いたところが色素沈着を起こすこともありますが、使用をやめると元に戻るので色素沈着はあまり心配しなくても良さそうです。ルミガンは目に入ると充血やかゆみなどの副作用が発生することがあります。なのでアレルギーの人は、主治医に相談してから使用するように推奨されています。